ファッション

「グローブ・トロッター」と伊家具「モルテーニ」が協業 ラグジュアリーなワードローブとトラベルケースが登場

 英国発ラゲージ「グローブ・トロッター(GLOBE TROTTER)」とイタリア発家具ブランドの「モルテーニ(MOLTENI&C)」が協業したワードローブ“ザ ワードローブ フォー グローブ・トロッター バイ モルテーニ”とトラベルケース“ザ トラベルケース バイ モルテーニ”が登場する。クリエイティブ・ディレクションは「グローブ・トロッター」のプロジェクトディレクターである建築家の黒崎敏が手掛けた。高級住宅が得意な黒崎ならではの美意識が反映されたコラボレーションになっている。

 ワードローブは、「モルテーニ」の洗練を極めたシステム収納である“グリスマスター”をベースに、「グローブ・トロッター」のトラベルケースに使用されているハンドルと同じカラーを使用し、立体感のあるキュリオ柄のバックパネルなどアイコニックなディテールを盛り込んでいる。ワードローブは上吊りタイプのドロワーや引き出し式トレー、シューズラック、アクセサリードロワーなどさまざまなパーツを自由に組み合わせて構成できるのが特徴だ。ワードローブは限定10台で、納期はオーダーから4~5カ月。価格はサイズや仕様により異なる。

 トラベルケースには、「モルテーニ」の上品な世界観を表現した深みのあるマットグレージュを採用し、同ブランドのコーポレートカラーであるアントラチーテのレザーベルトを組み合わせたシックで上品な仕上がり。サイズは20インチで限定100台。価格は29万8000円。

 ワードローブとトラベルケースは10月1日~11月20日に、グローブ・トロッター銀座で展示販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら