紙面紹介

2つの業界が交われば最強!「ファッション×ビューティ」の可能性

 「WWDジャパン」は今号から、“ONE WWD”の旗印のもとファッション×ビューティの週刊紙として生まれ変わります。 ビューティ週刊紙「WWDビューティ」は、より保存性とオピニオンメディアとしての価値を高めるベく月刊化しつつ、「WWDジャパン」へも情報をタイムリーにアウトプット。「WWDジャパン」は今後、ファッションとビューティを等価値と捉えてコンテンツをクロスオーバーさせながら発信し、2つの業界の架け橋となるメディアを目指していきます。

 さて、「ファッション×ビューティの可能性」と銘打った今回の6ページ特集では、両業界を股にかけて活躍する企業トップやクリエイター、業態などを取材しました。「ナチュラル&オーガニック」のメイクを、ファッションのフィルターを通すことで事業の飛躍につなげたマッシュホールディングスの近藤広幸社長、ルイ・ヴィトン ジャパンなどファッション畑から日本ロレアルに転身し、現在は「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」のブランドイメージ&エンゲージメントマネジャーを務める有田貴美江氏らが登場します。両業界が交わることで生まれるシナジーや発展の可能性を探りました。

 なお本号の表紙を飾った渡辺直美にもインタビュー。「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」と「シュウ ウエムラ」のグローバルアンバサダーを務める、まさに「ファッション×ビューティ」を体現する彼女の「人をワクワクさせたいゴールは同じ」という言葉には、説得力があります。

 また、今回の紙面リニューアルでは、各分野の記者が専門分野の知見を生かしてニュースを掘り下げる「フォーカス」のページを新設。見所は「サカイ」の阿部千登勢デザイナーへの独占インタビューです。コロナ禍の中で「私は仕事が大好き」(阿部デザイナー)と改めて感じたという彼女の日常、「サカイ」のデザインとの向き合い方について聞きました。

 そのほか、1週間のビューティニュースを起点に識者が業界の展望を語る「ビューティ・インサイト」の第1回に登場するのは、矢野貴久子アイスタイル「ビューティテックドットジェーピー」編集長。米国の女優ジェニファーロペスがコスメブランドを立ち上げたというトピックスを取り上げ、セレブリティーブランドの「本気度」の重要性を語ります。

COVER CREDIT
MODEL: NAOMI WATANABE/
PHOTO:KEIICHI NITTA(OTA OFFICE)/
STYLING: AYANO OHTAKI/
HAIR & MAKEUP: AYAKO SHIMOTAKE

CONTENTS

FEATURE

  • 2つの業界が交われば最強!! ファッション×ビューティの可能性

EDITOR’S VIEW

  • ファッション×ビューティの「WWDジャパン」へ

FOCUS

  • 「サカイ」阿部千登勢が語るコロナ下のデザイン
  • ファッション販売員とビューティ美容部員が語り合う どちらにも通じる接客・仕事の流儀

SERIES

  • ifs未来研究所所長が未来について考える 川島蓉子「蓉子の部屋」:Vol.3
  • ミステリーショッパーが行く!:大丸梅田店5階(ミチカケ)
  • 菅付雅信「不易と流行のあいだ」:Vol.16 「モード後の世界」を巡って(後編)
  • アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.60 アカウント閉鎖
  • ファッション業界人物列伝:浜野総合研究所代表取締役社長/浜野安宏 第20話
  • 新連載:Beauty Insight:Vol.1 セレブリティーブランドは「本気度」が問われる

FASHION PATROL

  • グランピングやべランピングはもう古い? この秋の新トレンドは“ヒトンチング”だ!?

WEEKLY SCHEDULE

  • 9月7日〜9月13日

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら