カイハラが「旅するデニム」 ただいま瀬戸内をクルーズ中

news

2016/7/28 (THU) 08:00

 帆船の帆にデニムを使ったデニム帆船が、現在瀬戸内海をクルーズしている。これはデニム大手のカイハラが、大小8枚のデニム帆を張った全長16.4メートルの帆船「AMI」号で瀬戸内をクルーズするプロジェクト「旅するジーンズ」だ。7月26日にカイハラの本社のある広島県福山市の福山港を出港し、香川や和歌山を周遊した後に、8月6日に沼津港に終着する。

 8枚の帆には合計で約100平方メートルのカイハラ製のデニム生地を使っており、潮風を浴びたデニムの帆は回収して、クラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」でデザイナーとコラボしたジーンズや雑貨にして販売する予定だ。カイハラの貝原淳之・専務は、「デニムの産地である福山や倉敷はいずれも瀬戸内に面していて、デニムは瀬戸内で育まれた産業資源でもある。瀬戸内の潮風で生み出された独特の風合い"クルーズウオッシュ"で、デニムの背景にある歴史やストーリー、地域性を感じて欲しい」という。

横山泰明

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索