ファッション

東京18年春夏開幕 アマゾンによる注目プログラムも開催

 2018年春夏シーズンの「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO以下、AFWT)」が16日、公式会場の渋谷ヒカリエで開幕した。初参加21ブランドを含む、合計55ブランドが都内各地でランウエイショーやイベントを行う。

 オープニングは2回目の「AFWT」参加となる「ヨウヘイオオノ(YOHEI OHNO)」。「初参加の時よりも、人に見られることを意識した」と大野陽平デザイナーが語るコレクションは、多彩な素材使いとカラーパレットで、モノを作る喜びを表現した。メッシュ素材のブーツやランウエイのライトでより光沢が強まるロンググローブ、東急ハンズで購入した素材で作ったというジャバラのバッグなど、存在感のある小物使いがランウエイに華やかさを加えた。

 午後からは「ジーヴィージーヴィー(G.V.G.V.)」や、2度目の参加となるユリア・デザイナーの「グローイング・ペインズ(GROWING PAINS)」、パリメンズでもショーを行ったデンマーク発の「ヘンリック ヴィブスコフ(HENRIK VIBSKOV)」やインドネシアの「ポプロ バティック(POPULO BATIK)」がショーを行う他、アマゾン ファッションによるプログラム「アット トウキョウ(AT TOKYO)」も開催するなど、注目ブランドが数多くそろう。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら