ファッション

ジョルジオ・アルマーニが映画製作ワークショップを無料開講

 ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)が映画製作ワークショップ“アルマーニ/ラボラトリオ(Armani/Laboratorio)”を2018年1月に、アルマーニ/シーロス(Armani/Silos)で無料開講する。監督、脚本、写真、編集、衣装製作、メイク、セットデザイン、スタイリングなど講義内容は多岐にわたり、参加者はショートフィルムを製作できる。また、8学科を設置し、それぞれアルマーニと親交が深く、ファッション業界をリードするプロフェッショナル8人が講師を務める。

 「数年前に始めた若き才能をサポートするプロジェクトをさらに発展させた。それぞれの学科で指導してくれる友人の協力で、若い映画学生に実技を教えるワークショップというアイデアは気に入っている。知識を継承することは必要不可欠で、私のミッションでもある」とアルマーニ。参加希望者は、アルマーニ/シーロスの公式サイトから応募可能だ。

 アルマーニはこれまで、代表作である「アメリカン・ジゴロ(American Gigolo)」をはじめ、「アンタッチャブル(THE UNTOUCHABLES)」「ガタカ(GATTACA)」「魅せられて」「オーシャンズ13(OCEAN'S THIRTEEN)」「ソーシャル・ネットワーク(the social network)」「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(MISSION:IMPOSSIBLE – GHOST PROTOCOL)」「ウルフ・オブ・ウォールストリート(THE WOLF OF WALL STREET)」や、「バットマン(BATMAN)」シリーズなど数々の映画の衣装を手掛けてきた。

 以前からアルマーニはイギリスの服飾学生に向け、「ニュー・ボンド(New Bond)」コンテストを設けたり、自身の所有するショー会場アルマーニ/テアトロを開放し、数シーズンにわたり若手をサポートするなど、新世代の才能の発掘・支援に力を入れてきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら