ニュース

ジョルジオ・アルマーニが映画製作ワークショップを無料開講

 ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)が映画製作ワークショップ“アルマーニ/ラボラトリオ(Armani/Laboratorio)”を2018年1月に、アルマーニ/シーロス(Armani/Silos)で無料開講する。監督、脚本、写真、編集、衣装製作、メイク、セットデザイン、スタイリングなど講義内容は多岐にわたり、参加者はショートフィルムを製作できる。また、8学科を設置し、それぞれアルマーニと親交が深く、ファッション業界をリードするプロフェッショナル8人が講師を務める。

 「数年前に始めた若き才能をサポートするプロジェクトをさらに発展させた。それぞれの学科で指導してくれる友人の協力で、若い映画学生に実技を教えるワークショップというアイデアは気に入っている。知識を継承することは必要不可欠で、私のミッションでもある」とアルマーニ。参加希望者は、アルマーニ/シーロスの公式サイトから応募可能だ。

 アルマーニはこれまで、代表作である「アメリカン・ジゴロ(American Gigolo)」をはじめ、「アンタッチャブル(THE UNTOUCHABLES)」「ガタカ(GATTACA)」「魅せられて」「オーシャンズ13(OCEAN'S THIRTEEN)」「ソーシャル・ネットワーク(the social network)」「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(MISSION:IMPOSSIBLE – GHOST PROTOCOL)」「ウルフ・オブ・ウォールストリート(THE WOLF OF WALL STREET)」や、「バットマン(BATMAN)」シリーズなど数々の映画の衣装を手掛けてきた。

 以前からアルマーニはイギリスの服飾学生に向け、「ニュー・ボンド(New Bond)」コンテストを設けたり、自身の所有するショー会場アルマーニ/テアトロを開放し、数シーズンにわたり若手をサポートするなど、新世代の才能の発掘・支援に力を入れてきた。

最新号紹介

WWD JAPAN

求ム!次世代D2Cブランド アメリ、サティス製薬、ファブリックトウキョウなど有力企業のキーパーソンが語る「D2Cブランドの作り方」

「WWDジャパン」9月14日号は、「次世代D2Cブランドの作り方」特集です。「アメリ(AMERI)」「ファブリックトウキョウ(FABRIC TOKYO)」「オブジェクツアイオー(OBJECTS.IO)」「メデュラ(MEDULLA)」など、ファッションとビューティ業界の日本を代表する有力D2Cブランドの創業者たちが、ブランドの立ち上げから運営、ブランドの今後までを惜しげもなく公開。側面からブランドを…

詳細/購入はこちら