ニュース

ジャーナル スタンダード渋谷店を「ヴァンズ」がジャック

 ベイクルーズが運営するジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)渋谷店は8月18日から9月中旬まで、「ヴァンズ ジャック フォー ストリートカルチャー(“VANS” JACK FOR STREET CULTURE)」を開催する。今年、創業20周年を迎えるジャーナル スタンダードの特別企画の一環で、店内に「ヴァンズ」のスニーカーやウエアを取りそろえる。

 期間中は、ロンドンで「ヴァンズ」の希少スニーカーを扱う「ピローヒート(PILLOW HEAT)」と中目黒のスケートショップ「スクリーミング ウィールズ(SCREEMIN‘ WHEELS)」のショップインショップを開設。デッドストックやユーズドなど、希少な120足のスニーカーとウエアを並べる他、スニーカーの“ハーフ キャブ”25周年モデルや「ヴァンズ」と同じアメリカ西海岸生まれのブランド「ドッグタウン(DOG TOWN)」と「トニー アルバ(TONY ALBA)」の別注アイテムも販売する。

 8月20には神南にあるショップを飛び出し、渋谷キャストガーデンで渋谷区観光協会とコラボしたイベントも実施する。スケートボードのキッズスクールや、塗り絵や「ヴァンズ」のワッフルソールにちなんだワッフル投げなどを体験できるワークショップを開校。渋谷区とコラボした限定Tシャツ(半袖3500円、長袖4000円)を販売する他、白い「ヴァンズ」のスニーカーを購入すれば(持ち込みは1000円)、アーティストのDISKAH、平山昌尚、sosnzkがペインティングしてくれるサービスも実施する。

 8月25日には、若手ラップクルー、MGFのインストアライブを行う予定だ。