ファッション

ニコンミュージアムの制服をドレスメーカー学院生がデザイン

 光学機械器具メーカーのニコンは、創立100周年事業の一環として、品川にあるニコンミュージアムの制服のリニューアルを実施し、杉野学園ドレスメーカー学院生がデザインした。同学院のアパレルデザイン科、高度アパレル専門科3年の学生を対象にデザインコンペを実施。最優秀賞を受賞した伊藤日向子(アパレルデザイン科)の作品が採用された。

 7月12日、ニコン本社で行われた授賞式で、布矢千春・ドレスメーカー学院院長は「産学連携授業として取り組んだ。学生たちにとっては、業界のプロの仕事に直接触れることができた」などと話した。7月24日、新制服に切り替える予定。ニコンミュージアムは、ニコンの事業の歴史、製品、技術などを展示している。創立100周年記念企画展の第3回として、9月30日まで「世紀の記憶 デビッド・ダグラス・ダンカン」を開催中だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら