ファッション

ニコンミュージアムの制服をドレスメーカー学院生がデザイン

 光学機械器具メーカーのニコンは、創立100周年事業の一環として、品川にあるニコンミュージアムの制服のリニューアルを実施し、杉野学園ドレスメーカー学院生がデザインした。同学院のアパレルデザイン科、高度アパレル専門科3年の学生を対象にデザインコンペを実施。最優秀賞を受賞した伊藤日向子(アパレルデザイン科)の作品が採用された。

 7月12日、ニコン本社で行われた授賞式で、布矢千春・ドレスメーカー学院院長は「産学連携授業として取り組んだ。学生たちにとっては、業界のプロの仕事に直接触れることができた」などと話した。7月24日、新制服に切り替える予定。ニコンミュージアムは、ニコンの事業の歴史、製品、技術などを展示している。創立100周年記念企画展の第3回として、9月30日まで「世紀の記憶 デビッド・ダグラス・ダンカン」を開催中だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら