ファッション

コーセーが デリケートゾーンにも使えるボディーソープを発売

 コーセーは8月21日、季節の変わり目や体調・生活環境の変化で肌に違和感を感じることに着目した低刺激性スキンケアブランド「カルテ クリニティ(CARTE CLINITY)」からボディーソープ「デリケートケア ウォッシュ」を発売する。

 同商品は、キメ細やかな泡で出てくるタイプのボディーソープで、無香料・無着色、アルコール(エチルアルコール)フリー、パラベン(防腐剤)フリー、アレルギーテスト済み、パッチテスト済みという、敏感に傾いた肌を優しく洗い上げる処方を採用。敏感に傾いた肌の角層のバリア機能をサポートすることにこだわった処方により、デリケートゾーンの不快感や臭いの原因となる汚れなどをマイルドにすっきり洗いあげることがを可能にした。

 同時に、潤いをしっかりと密封し、肌あれや乾燥を防ぐ低刺激性保湿クリーム「モイスト クリーム」も発売。どちらも全国のドラッグストア、量販店などで発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら