ニュース

横浜美術館が“ヌード”をテーマにした展覧会を開催

 横浜美術館と読売新聞社が展覧会「ヌード NUDE —英国テート・コレクションより」を2018年3月24日〜6月24日に開催する。

 同展覧会では、1897年に開館し世界屈指の美術作品をそろえるイギリスの美術館、テート(Tate)の中から“ヌード”がテーマの作品を集めて展示。ヘンリー・ムーア(Henry Moore)、フランシス・ベーコン(Francis Bacon)、アンリ・マティス(Henri Matisse)、パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)ら世界を代表する芸術家、画家の絵画、彫刻、版画、写真が約130点並ぶ。また、ヌードで愛し合う男女をとどめたオーギュスト・ロダン(Auguste Rodin)の代表作「接吻」の世界に3体しかない大理石像が日本初公開される。当日に限り「横浜美術館コレクション展」も観覧可能だ。

 同展覧会は16年からオーストラリア、ニュージーランドで開催されており、17年8月には韓国で開催する。

■ヌード NUDE —英国テート・コレクションより
日程:2018年3月24日〜6月24日
時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
定休日:木曜日、5月7日(5月3日は開館)
場所:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
入場料:一般 1600円 / 大学生 1200円 / 高校生、中学生 600円 / 小学生以下 無料 / 65歳以上 1500円(要証明書、美術館券売所のみ)