ニュース

世界最強タッグ誕生 YKK&JUKIが共同でファスナー縫製の自動化推進

 ファスナー大手のYKKとミシン大手のJUKIは共同で、ファスナーの縫製機械の開発と販売を行う。ファスナーの縫製は、熟練の技術工が必要な上、時間もかかり、工程のボトルネックになっていた。JUKIは自動化ミシンの開発、YKKは縫製をしやすくファスナーを改良。生産性の大幅な向上と技術に依存しない生産を目指す。新しいミシンの開発は2017年度内を目指す。

 また、世界トップシェアを持ち、ともに100カ国以上に製品を出荷している両社は、世界中の縫製工場で販路が重なるという。JUKIの広報によると、「販路で言えば、世界で数万ヵ所レベルの数の工場が重なり合う。新型機の開発は工場の生産性向上にも大きく寄与できる。われわれが開発から販売まで連携することで“3方良し”のシナジーは大きい」という。

【関連記事】
■ロレアルが開発した世界初のスマートヘアブラシとは?
■ユニクロがLAに「デニムの研究・開発センター」設立

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら