ニュース

川辺が香水セレクトの新業態店舗

 川辺は2月1日、ハイエンドなフレグランスをセレクトした新業態店舗「プロフミ ディ ギンザ(PROFVMI DI GINZA)」を、東京・銀座の近畿建物銀座ビル1階にオープンする。人気ブランドの国内未展開ラインや関連アイテムなどを含めた、13ブランド150アイテムをそろえる。

 店舗名「PROFVMI」はイタリア語で「香り」を表す「PROFUMO」からの造語。店内(売り場面積約33平方メートル)は、黒を基調にウッドと光のアーチをアクセントにした、ラグジュアリーな空間を演出。「小規模な空間ではあるが、上質な雰囲気の中、プロフェッショナルがお客さまと一緒に香りをゆっくり探せるようなショップとしている」(担当者)という。

 商品は、ブティック限定で販売しているサルヴァトーレ フェラガモ「タスカンソウル ラ コルテ オーデトワレ」を、同店舗で特別取り扱う他、「ヴェルサーチ」の最高級ライン「ジャンニ ヴェルサーチ クチュール」、その他「プラダ」「ヴァレンティノ」「ダンヒル」「アスプレイ」などをそろえる。今後は、パルファム、ナショナルブランドのメゾンライン、さらには日本未展開商品も積極的に展開していく。

■「プロフミ ディ ギンザ」
場所:東京都中央区銀座6丁目9番7号近畿建物銀座ビル1階
オープン日:2017年2月1日

【関連記事】
「フェラガモ パルファン」がアジアに注力
香水ビジネスに新潮流 EC専売ブランドが台頭

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら