ファッション

三越伊勢丹のクアラルンプール店が好スタート 食品とヤングファッションが好調

 三越伊勢丹ホールディングスが10月27日にマレーシアのクアラルンプールに出店した「イセタン・ザ・ジャパン・ストア・クアラルンプール(ISETAN THE JAPAN STORE KUALA LUMPUR)」は売上高が予算比で35%増と好調な滑り出しとなった。大西洋・社長が明かした。

 特に好調なのは、食品とヤングファッションで、食品は想定の売上高構成比35%に対して、42%を占めている。また、ヤングファッションについては「マスターマインド ジャパン」などが好調で、現地のヤングエグゼクティブをはじめ、日常的にデザイナーズブランドを着用している層が来店しているといい、手応えを感じている。日本人のサポートスタッフなどが徐々に帰国している中で、現地でオペレーションができるかどうかが課題となる。売り場面積は約1万1000平方メートルで、初年度売上高は1億2500万マレーシアリンギット、日本円で約35億円を計画する。

 一方、9月30日にパリ日本文化会館にオープンした「ザ・ジャパン・ストア・イセタン・ミツコシ・パリ(THE JAPAN STORE ISETAN MITSUKOSHI PARIS)」は、予算達成率が70%と苦戦している。日本のお茶文化を一つのテーマとして取り扱っているが、高級な茶箱などいいものはあるが、一般の人々には高価で気軽には買えないものが多いのが一つの要因だ。一方、食品は想定を上回り40%を占めるなど順調だ。

 売り場面積が約90平方メートルと小型で、テストマーケティングの意味合いが強い店だ。今後はMDバランスを変更しながら、現地でうけるものと、日本の良いものを発信することを見極めていくことになる。

【関連記事】

三越伊勢丹のクールジャパン館が10月末に開業 美意識×生き方で売り場構成 初年度目標は35億円
パリに日本土産の新名所誕生 三越伊勢丹が小型店オープン

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。