ファッション

片山正通の誕生会&書籍発売記念イベント サカナクションによるライブも

 片山正通ワンダーウォール代表は50歳の誕生日を迎えた8月24日、初の書籍“Wonderwall Case Studies”をドイツのゲシュタルテンより発売した。同書籍は、2000年のワンダーウォール設立から15年の間に手掛けたナイキ 原宿店やトム ブラウン ニューヨーク 青山店など11のプロジェクトを、ヴィジュアルを交えながら解説。さらに、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)をはじめとした国内外の様々なアーティストや建築家のコメントを集めたり、インスピレーションを受ける場所を紹介したり、9つのカテゴリーで構成した。

 発売前夜の23日には、書籍の発売と片山代表の誕生日を祝うイベント“感謝の宴”を恵比寿ガーデンホールで開催した。大沢伸一・DJ兼音楽プロデューサーとFPMの田中知之がDJを担当した会場では、ディーンアンドデルーカ(DEAN & DELUCA)やスープストックトーキョー(SOUP STOCK TOKYO)などのケータリングを用意。黒木理也「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」クリエイティブ・ディレクターや相澤陽介「ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)」デザイナー、設楽洋ビームス社長、谷川じゅんじJTQ(ジェイ・ティ・キュー)代表、中川淳・中川政七商店社長、中村貞裕トランジットジェネラルオフィス代表、森田恭通グラマラス代表ら各界から約1500人がお祝いに駆け付けた。

 終盤には、シークレットゲストとしてプライベートでも親交が深いボーカルの山口一郎が率いるサカナクションが登場した。70分にも及ぶライブでは、“新宝島”や“ミュージック(Music)”などバンドを代表する曲にくわえ、バースデーソングを披露。ライブ後には山口一郎と片山代表が抱擁を交わすなど、感動的な一夜となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら