ファッション

片山正通の誕生会&書籍発売記念イベント サカナクションによるライブも

 片山正通ワンダーウォール代表は50歳の誕生日を迎えた8月24日、初の書籍“Wonderwall Case Studies”をドイツのゲシュタルテンより発売した。同書籍は、2000年のワンダーウォール設立から15年の間に手掛けたナイキ 原宿店やトム ブラウン ニューヨーク 青山店など11のプロジェクトを、ヴィジュアルを交えながら解説。さらに、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)をはじめとした国内外の様々なアーティストや建築家のコメントを集めたり、インスピレーションを受ける場所を紹介したり、9つのカテゴリーで構成した。

 発売前夜の23日には、書籍の発売と片山代表の誕生日を祝うイベント“感謝の宴”を恵比寿ガーデンホールで開催した。大沢伸一・DJ兼音楽プロデューサーとFPMの田中知之がDJを担当した会場では、ディーンアンドデルーカ(DEAN & DELUCA)やスープストックトーキョー(SOUP STOCK TOKYO)などのケータリングを用意。黒木理也「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」クリエイティブ・ディレクターや相澤陽介「ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)」デザイナー、設楽洋ビームス社長、谷川じゅんじJTQ(ジェイ・ティ・キュー)代表、中川淳・中川政七商店社長、中村貞裕トランジットジェネラルオフィス代表、森田恭通グラマラス代表ら各界から約1500人がお祝いに駆け付けた。

 終盤には、シークレットゲストとしてプライベートでも親交が深いボーカルの山口一郎が率いるサカナクションが登場した。70分にも及ぶライブでは、“新宝島”や“ミュージック(Music)”などバンドを代表する曲にくわえ、バースデーソングを披露。ライブ後には山口一郎と片山代表が抱擁を交わすなど、感動的な一夜となった。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら