ファッション

三越伊勢丹が青山に会員制サロン 月1万円でぜいたくな空間を提供

 三越伊勢丹ホールディングスは、会員制のサロン「サード ペイジ(3rd_PAGE)」を東京・南青山に9 月21日オープンする。同社のエムアイカードを保有する顧客で、月会費1万円を払えば誰でも利用可能。297平方メートルの明るい空間にカフェスペース、音楽・映像でくつろげるラウンジ、テーマに沿ってセレクトされた多数の書籍などを提供する。また希少性のあるセミナーやワークショップを開催するほか、買い物や旅行、レジャーなどのコンシェルジュサービスの機能を置く。

 三越伊勢丹が店舗の外に顧客向けのサロンを設けるのは初めて。新宿、日本橋、銀座に旗艦店を置く同社は、近年、六本木に「イセタンサローネ」、丸の内に「イセタンサローネ メンズ」といった中型店舗を設けるなど、新しい顧客を増やしている。会員制サロンは物販主体ではないものの、感度の高い消費者や住民が多い青山エリアで顧客との結びつきを強め、旗艦店への送客にもつなげる。

 東京メトロ外苑前駅から徒歩2分の場所に立地する(住所は東京都港区南青山2-27-18パサージュ青山2階)。コーヒー・紅茶は無料、食事はランチで1500円、ディナー(要予約)は5000円から。営業時間は11〜22時。定休日は日曜日で、年末年始および夏季休業を予定する。

林芳樹

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら