ファッション

伊勢丹新宿店夏のセールがスタート 初日は6100人が行列

 伊勢丹新宿店は13日、夏のクリアランスセールを開始した。早朝に小雨が降っていたこともあり、開店前に並んでいたのは約6100人で、前年の7000人を下回った。開店時刻は昨年と同じく15分繰り上げ10時15分に開店した。

 本館正面玄関の先頭は東京都在住の19歳学生。「伊勢丹新宿店のセールは今回が初めてで、前日に学校が終わってから並んでいる。学生なので予算はそこまでないが、いいものに巡り合えれば」と開店を心待ちにしていた。外国人観光客も多く見られ、中国人の男女2人組は「予算は特に考えていないが『プラダ』が目当て」と話した。同社広報によると「宝飾品や時計からインテリアなどに購入されるものはシフトしているが外国人のお客さまは引き続き増えている」という。また、店内では本館3階の自主編集売り場「リ・スタイル」などでは入場整理が行われるほどの盛況ぶりを見せた。

石塚振

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。