ファッション

多摩美テキスタイルが卒制展 傘から壁面装飾まで

 多摩美術大学のテキスタイルデザイン専攻が卒業制作展を東京・青山のスパイラルホールで開催している。薄いオーガンジーを幾重にも重ね自らの過去をプリントしたり、数十のヌイグルミを貼り付けたり、数十個の小さい丸型のガラスに薄いテキスタイルを挟み込み、壁面に並べたものまで、テキスタイルに留まらない作品が並んだ。さまざまな万華鏡の柄の傘を通行人に持たせ撮影し、傘と映像、写真のインスタレーションにしたイ・ミニョンさんは、「物を作るだけに留まらず、物を媒介にした新しいコミュニケーションを表現したかった」という。卒業制作展は10日まで。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら