ファッション

【マザー・ゲーム】第9話ではストーリーを邪魔しない、さりげないリング使いを伝授

 いよいよ最終回まであと1話を残すことになった第9話では、毬絵(檀れい)の息子が、試験会場からいなくなったことで、母親たちがしずく幼稚園で大騒ぎ。毬絵を心配する希子(木村文乃)は毬絵(檀れい)のマンションに向かう。週刊誌に小田寺グループの闇や長男引きこもりなどのスクープが掲載され、毬絵(檀れい)の身辺も穏やかではない。一方、娘を取り返すために頑張っているみどり(安達祐実)と琢己(上地雄輔)の関係にも大きな変化が訪れる。

 今回のジュエリーについて「第9話は『マザー・ゲーム』の中でも一番シリアスなストーリーです。特に毬絵(檀れい)さんの家庭の問題が明らかになります。というわけで、PRとしては断腸の思いですが(笑)、今回はストーリーに集中していただければと思っています」と「ショーメ」の北みづほPRマネージャー。

 それゆえ、今回はエンゲージ&マリッジリングに注目したい。「これも、今の毬絵(檀れい)さんの気持ちを表現したジュエリーなのです。毬絵(檀れい)さんのエンゲージリングとマリッジリングは『ジョゼフィーヌ エグレット』。これまでもご紹介してきましたが、『ショーメ』のミューズであるジョゼフィーヌ皇后をイメージしたものです。当初、5億3000万円の年収の奥様ですから、毬絵(檀れい)さんには3カラットぐらいのダイヤモンドがふさわしいのではと考えましたが、小さなお子さまを持つお母さまですので、立て爪ではないほうがいいと判断し、パヴェ・セッティングのリングを選びました」(北PRマネージャー)。

ジョゼフィーヌ エグレット(86万円) とジョゼフィーヌ エグレットバンドー(46万円)

 一方、家庭の状況が少しずつ変わっている聡子(長谷川京子)のマリッジリングはやはり「リアン」。「家族の絆が深くなっている今、『ショーメ』のアイコンである『リアン(=絆)』のシリーズが彼女の気持ちを代弁していると思います」(北PRマネージャー)。

ミニリアン ピアスPG(29万円)

 最終回を前にそれぞれを取り巻く環境が大きく変わる第9話。放送は本日22時からTBS系列で。

【関連記事】

・【マザー・ゲーム】女性にとってのジュエリーの意味を改めて考える第8話
・【マザー・ゲーム】第7話では長谷川京子の心理をピンクゴールドのジュエリーが代弁
・【マザー・ゲーム】第6話はセレブ毬絵に学ぶ"お家ジュエリー"の着こなし
・【マザー・ゲーム】第5話は檀れいの秘密にまつわる親子の絆を表現
・【マザー・ゲーム】第4話で確かめたいナポレオンがインスピレーションのマリッジリング「トルサード」
・【マザー・ゲーム】第3話に込められた"絆"を意味する「リアン」コレクション
・【マザー・ゲーム】第2話はジュエリーウォッチに注目
・【マザー・ゲーム】第1話はジュエリーの素材で主人公の状況を表現
・TBS×「ショーメ」が大規模プレイスメントに挑戦 「マザー・ゲーム?彼女たちの階級?」

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら