ファッション

【マザー・ゲーム】第7話では長谷川京子の心理をピンクゴールドのジュエリーが代弁

 そろそろストーリーの中盤に差し掛かってきた「マザー・ゲーム」。本日22時からの第7話では、いよいよ幼稚園の合唱発表会が舞台。発表会では、思わぬトラブルが発生し、指揮者である希子(木村文乃)の息子がピンチに陥る!また、この息子が名門小学校に行きたいと突然言い出し、父親問題も含め希子(木村文乃)にも多くの難題が降りかかる。

 ドラマのストーリー上で毎回気になるのは、みどり(安達祐実)と夫の関係だ。みどりの夫に対しては、ツイッター上でも「ありえない旦那」といったコメントが寄せられ、みどりに同情する視聴者も多い。コーチの琢己(上地雄輔)との淡い恋の行方も気になるところだ。

 それとは逆に、応援したくなるのが聡子(長谷川京子)の夫。義母から言われ放題の聡子(長谷川京子)をかばうような行動が増え、視聴者としても「もっと頑張って!」と声をかけたくなるほど。

 彼の態度は聡子(長谷川京子)にも少なからず影響を与えている。それがジュエリーで表現されている。第1話で紹介したように、聡子(長谷川京子)が着用しているのは、「オルタンシア ペンダント」(195万円)。モラハラに苦しんでいる彼女の悲しい心を、寒色のホワイトゴールドが表現していた。

  しかし、第7話で彼女が着用しているのは、同じ「オルタンシア ペンダント」のピンクゴールド(190万円)。

 「『ホワイト』は友情も表現しています。ドラマの最初は、聡子(長谷川京子)さんが家庭での問題はさておき、幼稚園での仲間を意識しているので、ホワイトを着用しています。ホワイトゴールドベースだとダイヤモンドがより輝くので、クールな雰囲気、女性の強さも表現しています。一方の『ピンクゴールド』は愛情を表現しています。ご主人にも徐々に変化が表れてきたので、女性の優しさや、家族への愛に溢れた聡子(長谷川京子)さんがピンクゴールドのジュエリーを選ぶようになったという設定です。もちろん上記以外の選び方もたくさんありますので、一概には言えませんが、クールに見せたいならホワイト、優しい女性に見せたいならピンク等、ジュエリーも色で選んでみるのも楽しいと思います」とショーメの北みづほPRマネージャー。

 ピンクゴールドとホワイトゴールドの「オルタンシア ペンダント」で、洋服の着こなしがどう変化するのかもチェックしたいところだ。放映は本日22時から。

 関連記事

・【マザー・ゲーム】第6話はセレブ毬絵に学ぶ"お家ジュエリー"の着こなし
・【マザー・ゲーム】第5話は檀れいの秘密にまつわる親子の絆を表現
・【マザー・ゲーム】第4話で確かめたいナポレオンがインスピレーションのマリッジリング「トルサード」
・【マザー・ゲーム】第3話に込められた"絆"を意味する「リアン」コレクション
・【マザー・ゲーム】第2話はジュエリーウォッチに注目
・【マザー・ゲーム】第1話はジュエリーの素材で主人公の状況を表現
・TBS×「ショーメ」が大規模プレイスメントに挑戦 「マザー・ゲーム?彼女たちの階級?」

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら