ファッション

恵比寿だけでなくフォーブル・サントノレにも 「バカラ」のシャンデリアがパリを照らす

 「バカラ(BACCARAT)」は、12月7日のパリのフォーブル・サントノレでの旗艦店オープンを記念して、同通りに12基のシャンデリアを吊るし、16年1月末までライトアップを実施中だ。「バカラ」シャンデリアを代表する"ゼニス"コレクションからは、シャンパンカラーで彩られた新作"チャールストン"、フィリップ・スタルクとのコラボによる"アンフォーカス"、LEDの光が煌めく"コメット"、「バカラ」創設250周年を記念して発表された"ゼニス クリア&レッド"が登場。他にもゴールドの"ミルニュイ"などが、パリ随一のラグジュアリー・ストリートを照らす。

 また、旗艦店のウインドーにも7基のシャンデリアをディスプレーし、ホリデーシーズンで華やぐ通りをさらに盛り上げている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら