ファッション

大阪文化服装学院学生がミラノの国際毛皮連盟主催コンペで優勝

 大阪文化服装学院スーパーデザイナー学科4年の大橋聖平(おおはししょうへい)は3月6日、ミラノで開催された国際毛皮連盟主催、「ヴォーグ・イタリア」(コンデナスト社)が協賛する国際コンペ「リミックス(REMIX)」で金賞を受賞した。「ヴォーグ・イタリア」のフランカ・ソッツァーニ編集長や「アキラーノ・リモンディ(AQUILANO・RIMONDI)」デザイナーのトマーゾ・アキラーノとロベルト・リモンディらが審査員を務め、約3ヵ月に及ぶ選考プロセスの後に、44名の世界各国の代表者の中から12人をファイナリストに選抜し、その12人から今回の金賞が選ばれた。

 大橋は、オプアートにインスパイアされた、ミンクやフィンラクーン、やぎ革といった違うファーをうまく組み合わせ、素材のニュアンスを生かした3つのルックを最終選考で発表し、審査員を唸らせた。今回の受賞に伴い、彼は「アキラーノ・リモンディ」からインターシップのオファーが来ているが、今年からイタリアにあるフェラガモ系列のモード系専門学校ポリモーダへの留学を控えているため、受けるかどうかは検討中。

 同連盟は2003年に、ファッショントレンドとしての毛皮への興味・関心を復活させ、現在そして未来のファーデザインのクリエイティビティを活性化していくことを目的に「リミックス」をスタートし、以来約500人を超えるデザイナーを支援してきた。過去の優勝者は、「H&M」や「ヒューゴ ボス(HUGO BOSS)」、「アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)」や「ナイキ(NIKE)」などで活躍している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら