ニュース

「ビューティフル ピープル」がパリコレに向けて本格始動

 「ビューティフル ピープル」が2016-17年秋冬コレクションを発表した。これまで「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京」期間中にショーを行っていたが、今季からメーンコレクションもプレと同様、展示会での発表に変更。メンズ・コレクションを最大5サイズ展開の「ノージェンダーライン」に統合し、17年春夏にはパリ・コレ進出を目指している。

 熊切秀典デザイナーの心境を表したような、今季のコレクションのテーマは「パリジェンヌになりたい」。ボーダーのトップスにトレンチを羽織り、スリムジーンズはブーツにインするような、ステレオタイプな女性のイメージを再構築した。男性のアイテムをフェミニンに着崩すパリジェンヌをアイデアソースに、大ぶりのモッズコートやメルトンのライダース、前後で表情の異なるスカート、後ろ前どちらでも着られるトップスなどが登場。どれもアイデアはユニークだが、よりエレガントに落とし込まれている。一方、首元に「wait for me. Paris(待ってろ!パリ!)」とプリントされたタートネックのトップスや、フレンチフライのイラストが描かれたアイテムなど、ユーモアやウィットに富んだアイテムも健在だ。

 強化しているアクセサリーでは、「フランスのメゾンが足袋風のシューズを作るなら、日本のメゾンがバレエでもいいだろう」という発想から、トゥシューズのようなシルエットのブーツやローファーなどが新たに登場。芸者の頭飾り"ギンビラ"に着想したアクセサリーなどもそろえた。

 熊切秀典デザイナーは、現在パリ進出に向けて「PRやセールスなどの現地パートナーを探している途中。できればランウエイ形式でコレクションを発表したい。洋服のサイズ感などは海外の基準に合わせつつも、こだわり抜いているディテールやメード・イン・ジャパンのクオリティーなどは、ブランドのオリジナリティとして大切にしていきたいし、海外の人にも驚いてもらえると思う」とコメント。現在、卸先は約100店舗で、3月2日には阪急うめだ本店に関西2店舗目となる直営店もオープンしている。今後日本では、「直営店を一番のプロモーションの場と考え、例えばイベントを増やしたり、イメージルックを売り場の目に付く場所に置いたりして、世界観を訴求していきたい」。

「ビューティフル ピープル」2016-17年秋冬コレクションはこちら