ファッション

現金卸のエトワール海渡が表参道で小売り進出

 現金卸のエトワール海渡(東京、早川謹之助・社長)は、小売りの新業態「オティウム」を東京・表参道に3月18日開く。表参道の裏手に立地した路面店で、地上1階・地下1階の2フロアで売り場面積は50坪。都市生活者に向けたライフスタイル提案ショップと銘打って、オリジナルブランドの衣料品65%、仕入れ品が主力の服飾雑貨・生活雑貨35%をそろえる。3年後には直営店で5店舗、百貨店などへのショップインショップで10店舗の出店を目指す。

 同社は昨年から小売り事業を本格化した。5月の鎌倉を皮切りに、成増、白金台、日本橋馬喰町にそれぞれ異なる店舗を出店した。現金卸の同社は、本社のある日本橋馬喰町に大規模な卸売り店を構え、主に個人経営の専門店を相手にした商売で発展してきた。だが、1990年代後半以降、これらの専門店はSPA(製造小売り)などの大手チェーン店に客を奪われ、さらには後継者不足にも直面。同社の業績も苦戦が続いている。小売り事業について早川社長は「自分たちでマーケットや消費者に近づく必要がある。小売りで経験を重ね、卸売りで求められる機能をフィードバックしていきたい」と話す。

 「オティウム」は表参道店を軌道に乗せたのち、多店舗化する。4月には松坂屋上野店に期間限定店を開く。百貨店は大手アパレルによる婦人服ブランドの撤退が相次ぎ、特に地方では売り場作りが困難になっている。百貨店やショッピングセンターの売り場の環境に合わせて、衣料品だけでなく、服飾雑貨・生活雑貨を柔軟に編集した「オティウム」業態を売り込む考えだ。中心価格は婦人のジャケット2万8000円、ブラウス1万6000円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら