ファッション

三代目JSBの岩田、今市、登坂がサマンサ新CM発表会に登場 記念ライティングで東京スカイツリー開業3周年を1500人のファンと共に祝う 

 サマンサタバサジャパンリミテッドは21日、「サマンサティアラ」&「サマンサタバサ」新CM発表会と東京スカイツリー開業3周年記念点灯式を東京スカイツリータウンで開催した。イベントには、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)の岩田剛典、今市隆二、登坂広臣が登壇。彼ら自身が出演する新作テレビCMを会場に集まったファン約1500人に披露した。
 
 点灯式では、三代目JSBのメンバー数にちなみ7からカウントダウンをスタート。「ハッピーサマンサアニバーサリー!」の声とともに、同グループを象徴するブルーのライトで東京スカイツリーを染めた。記念ライティングは31日まで毎日20?21時に実施中。また、東京スカイツリー展望回廊(フロア450)と同展望デッキ(フロア350)にはサイン入りパネルを展示し、東京ソラマチ2階ではCMのメイキング写真などを飾る写真展を開催している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら