ファッション

デジタル×ファッションに特化したウエブマガジン「DiFa」を立ち上げ 編集長に市川渚

 スパイスボックスは、新たにメディア事業を立ち上げ、その第一弾としてデジタル×ファッションに特化したウエブマガジン「ディーファ(DiFa)」を立ち上げる。

  編集長には、デジタルコミュニケーションコンサルタントの市川渚が就任し、編集部に加えてデザイナーやモデル出身者などで構成する、約30人のメンバーが記事を作成する。

 媒体は、デジタル×ファッションに関するニュース記事を提供する「DiFaメディア」と、メンバーによる最新ツイートを表示する「DiFaフィード」で構成される。「DiFaメディア」はスタイル、ピープル、レポートの3つのカテゴリーがあり、記事は1日1本以上更新する。「DiFaフィード」では、メンバーが選ぶデジタル×ファッション関連の最新ツイートを一覧で表示する。各ツイート下には、「もっと詳しく知りたい!」ボタンがあり、一定数以上クリックされると、編集部が追加取材を行い、記事として配信する。

 今後の展開としては、ウェブマガジンによる情報発信だけではなく、デジタル×ファッションに関するイベントやハッカソンなどを開催予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら