ファッション

予備校の「みすず学苑」のミスズ スイスやイタリアの時計6ブランドと契約

 進学予備校「みすず学苑」などを運営するミスズ(東京、半田晴久・社長)は、スイスやイタリアの高級時計6ブランドと代理店契約を結んだ。導入するのは日本初上陸となるスイスの「ユニオン・オルロジェール」およびイタリアの「ディーチ」のほか、スイスの「カトレックス」、ゴルファー専用の「ヤーマン&ストゥービ」、ファッションブランド発の「ロシャス」、米国発のカラフルな「キャンディタイム」といった価格もテイストも幅広い顔ぶれ。10日には都内のホテルで各ブランドの本国代表やミスユニバースジャパンが登壇するお披露目会を開き、ショー形式で各ブランドの新作時計を紹介した。

 ミスズは教育、時計、事務機器、健康食品など事業を手掛けている。時計事業では1980年からオリジナル時計の製造や輸入販売、直営店の運営を行ってきた。最近は「ロベルト カヴァリ バイ フランク ミュラー」の国内代理店になったことでも話題にあった。同社を率いる半田社長は、深見東州の芸名で作家、歌手、コメディアンなど多彩な活動を行っていることでも知られている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら