ファッション

予備校の「みすず学苑」のミスズ スイスやイタリアの時計6ブランドと契約

 進学予備校「みすず学苑」などを運営するミスズ(東京、半田晴久・社長)は、スイスやイタリアの高級時計6ブランドと代理店契約を結んだ。導入するのは日本初上陸となるスイスの「ユニオン・オルロジェール」およびイタリアの「ディーチ」のほか、スイスの「カトレックス」、ゴルファー専用の「ヤーマン&ストゥービ」、ファッションブランド発の「ロシャス」、米国発のカラフルな「キャンディタイム」といった価格もテイストも幅広い顔ぶれ。10日には都内のホテルで各ブランドの本国代表やミスユニバースジャパンが登壇するお披露目会を開き、ショー形式で各ブランドの新作時計を紹介した。

 ミスズは教育、時計、事務機器、健康食品など事業を手掛けている。時計事業では1980年からオリジナル時計の製造や輸入販売、直営店の運営を行ってきた。最近は「ロベルト カヴァリ バイ フランク ミュラー」の国内代理店になったことでも話題にあった。同社を率いる半田社長は、深見東州の芸名で作家、歌手、コメディアンなど多彩な活動を行っていることでも知られている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら