ファッション

東京メンズ6ブランドがハローキティを再解釈 「ハローキティメン」と「WWDジャパン」がエキシビション開催

 サンリオが"メンズのためのハローキティ"をコンセプトにスタートした新プロジェクト「ハローキティメン」は10月17〜18日、「WWDジャパン」と東京メンズ6ブランドとコラボレーションしたエキシビション「トウキョウ スタイル ハント vol.1」を原宿ヴァカントで開催する。

 同プロジェクトでは、「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「ヨシオ クボ(YOSHIO KUBO)」「ドレスキャンプ(DRESSCAMP)」「シセ(SISE)」「パッチーケークイーター(PATCHY CAKE EATER)」「ジャム ホーム メイド(JAM HOME MADE)」の東京メンズ6ブランドが、ハローキティを再解釈した。エキシビションでは、従来のイメージとは異なるグラフィックやパターンで表現したウエアやアクセサリーを展示。来場者にはシューティングブックとスペシャルステッカーをプレゼントする。また、コラボレーションアイテムは同日17日から、ゾゾタウン(ZOZOTOWN)のサイト内で受注販売を行う。

 さらに、参加ブランドのデザイナーがプロジェクトの内容やアイテムの魅力について語った、英字幕入りのインタビュー動画をサンリオの公式ユーチューブサイトで公開中だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。