ファッション

「ミキモト」がハローキティとのコラボジュエリーを公開、中には1億円相当のティアラも

 1月24日、パリのコレットで「MIKIMOTO × HELLO KITTY」のプレビューが行なわれた。ハローキティのモチーフが配された12連のパールネックレスとイヤリングのセット(2770万円)を筆頭に、ネックレス、ヘアジュエリーなどのハイジュエリーを公開した。目を引いたのは、展示品として作られたハローキティのティアラ(非売品。1億円以上)。中央には、オーバルカットのダイヤモンドで顔を、トリリアントカットのダイヤモンドで耳を作ったハローキティ。まわりに配されたイチゴの中にはキティやキティのボーイフレンドであるダニエルが隠れている。ハイジュエリー以外にも一粒パールにキティのリボンをエナメルで配したピアス(7万円)、ペンダント(7万3000円)なども用意。リボン部分を赤ではなく、コレットブルーに仕上げたピアス、ペンダント、ネックレスはコレット限定で1月27日から発売される。

 

 橋本靖彦・取締役営業副本部長マーケティング統括部長は「昨年でハローキティが40周年、ミキモトは120周年を迎えたということで新しい取り組みができないかと始めたプロジェクト。キティは世界に愛されているアイコンであり、すでにコラボ製品も多いが、あえてシルエットを使わずに表現することで、ミキモトの匠の技を使った遊び心のある製品が提案できると考えた。日本ではこれまでミキモトに足を運んでいただけなかった若い方に訴求できればと思うが、海外においては、日本カルチャーの代表的なアイコンであり、パリ、ニューヨーク、香港、北京などの店舗でもグローバル企画としてもプロモーションしていきたい。ミキモトはパールで有名だが、ハイジュエラーであるということのアピールにもなればと思う。パリにはヴァンドーム広場に店舗があるが、遊び心を持った製品ということで、あえてヴァンドームではなくコレットで展開する。これはミキモトビューティフルハーモニーというプロジェクトの第1弾で、今後、ミキモトの匠の技で新しいものに挑戦していきたい」と語る。

 

 コレットのサラは「そもそもハローキティが大好きなので、ミキモトとのコラボレーションはとてもユニークだと取り組みをすることにした。ミキモトといえば、クラシックで老舗というイメージだけれども、このコラボで若い層にアプローチでき、フレッシュなイメージになるのではないか。また、キティといいながらハイクオリティなものなので、長く使えるのも魅了だと思う」と語る。
日本では1月30日から発売し、1月29日に本店でプレビューを開催する。
 

【関連記事】
「ミキモト」がハローキティとのコラボコレクションを発売

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら