ニュース

三越伊勢丹とトランジットが新会社設立 新規の飲食事業を開発

 三越伊勢丹ホールディングスとトランジットジェネラルオフィスは、1月20日付で合弁会社「三越伊勢丹トランジット」を設立した。

 三越伊勢丹HDは、中期経営計画で、グループの強みを活かした新規事業の開発を掲げている。トランジットは、"世界一の朝食"として知られる「ビルズ(BILLS)」やイスラエル発のチョコレートブランド「マックス ブレナー(MAX BRENNER)」など飲食、ホテルなどのプロデュース、カフェやレストラン、イベント、シェアオフィス事業を展開している。中村貞裕・社長は伊勢丹(当時)の出身でもある。

 三越伊勢丹トランジットの出資比率は三越伊勢丹HDが51%、トランジットが49%である。会長(最高経営責任者)は前野広・三越伊勢丹常務執行役員、社長(最高業務執行責任者)には垂水謙児トランジットジェネラルオフィス取締役副社長がそれぞれ兼任する。飲食事業をスタートとして、今後他の分野でも協業を進める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら