ビジネス

オンワード2月期、営業利益44%減

 オンワードホールディングスの2015年2月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前期比56.2%の57億3100万円だった。売上高は同100.5%の2815億100万円と前期水準を維持したものの、円安による調達コストの上昇、販管費率の0.8ポイントの増加などが収益を圧迫し、2期連続の営業減益になった。経常利益は同58.7%の71億6200万円、当期利益は同90.2%の42億400万円だった。

 今期は3期ぶりの営業増益の見通し。売上高で前期比93.8%の2640億円、営業利益で同157.0%の90億円、経常利益で同139.6%の100億円、当期利益で同118.9%の50億円を予想する。値引き率の抑制で粗利益率を改善させる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら