ニュース

「スウォッチ」から本格的コネクティッド ウォッチが登場

 スウォッチ グループ ジャパン(SWATCH GROUP JAPAN)は9月18日、ビーチバレーを中心とした装着者のためのコネクティッド ウオッチ"スウォッチ タッチ ゼロ ワン(以下、スウォッチ タッチ−SWATCH TOUCH ZERO ONE)"をスウォッチ ストア12店舗および公式オンラインサイトで発売する。「スウォッチ」は2003年からビーチバレー競技をサポートしており、無料の専用アプリケーションをダウンロードするとスマッシュの強度や歩数、拍手の大きさなどの計測機能を搭載した"スウォッチ ワン"を開発。

 17日に東京・銀座のシテ・ドゥ・タン ギンザで行われた記者会見では、クリストフ・サビオ=スウォッチ グループ ジャパン社長によるスピーチ後、お笑いコンビのチュートリアルから徳井義実と川崎ビーチスポーツクラブの坂口佳穂選手が登場。"スウォッチ タッチ"に関するトークショーを行った。同モデルを着用した徳井と坂口による、アタック対決では、坂口が圧勝し、徳井は「プロにはかなわない」とコメント。

 "スウォッチ タッチ"は全6モデルで価格は各1万5000円。「スウォッチ」のエッセンスである遊び心とファッション性が反映されたカラフルなデザインになっている。