ファッション

「コスメデコルテ」がブランドのミューズにケイト・モスを起用

 コーセーは9月から、ブランド誕生45周年を迎える「コスメデコルテ(COSME DECORTE)」のブランドミューズにスーパーモデルのケイト・モスを起用する。また、コミュニケーション ロゴを「デコルテ(DECORTE)」に変更。9月16日発売の化粧水「コスメデコルテ リポソーム トリートメント リキッド」から表記を変更し、国内だけでなくグローバルで存在感のあるブランドを目指す。

 「デコルテ」の第1弾となる広告の撮影を手掛けたのは、フォトグラファーのマリオ・テスティーノ。広告ビジュアルでは、ケイトとともにベストセラーの美容液「コスメデコルテ 美容液」や、9月16日発売の化粧水「コスメデコルテ リポソーム トリートメント リキッド」を打ち出す。なお、ケイトとは複数年契約を結んでいて、8月に撮影シーンの舞台裏がブランドの公式サイトで公開される予定。

 コーセーの小林一俊社長は、「われわれはブランドの長い歴史の中で、アジア人女性と強い絆を築き上げてきた。ブランドの次のステップとして、世界的に有名なケイト・モスとタッグを組むことを大変喜ばしく思っている」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。