ビューティ

「ファンケル」が日焼け止めの“サンガード”シリーズを刷新 外的刺激ブロックと美白にアプローチ

ファンケルは2024年3月18日、肌が敏感な時にも使える日焼け止め“サンガード”シリーズを刷新する。外的刺激から肌を守る成分を新配合の“サンガード 50+ プロテクト UV”[SPF50+・PA++++](60mL、2750円)と、美白有効成分配合の“サンガード 30a ブライトニング UV”[SPF30・PA+++]【医薬部外品】(30g、2475円)の2品をそろえる。公式ECおよび直営店舗で取り扱う。

同ブランドは、日焼け止めにさまざまな機能が求められているという点に着目。スキンケア効果やメイク効果をはじめ、美白や環境に配慮した処方のニーズに応え、今回のリニューアルに至った。サンゴ礁の白化の原因となる紫外線吸収剤は使用せず、ハワイやパラオなど一部の国や地域、ビーチの規制に配慮した海にも優しい処方を採用する。

新“サンガード”シリーズは、PM2.5や花粉などの外的刺激ブロック効果と肌の凸凹補正機能をパワーアップ。敏感肌にも優しいノンケミカル処方を引き続き採用する。滑らかな使用感が特徴で、白浮きしにくい。

“サンガード 50+ プロテクト UV”[SPF50+・PA++++]は、肌あれ防止成分とヒアルロン酸2種を配合。肌を保湿しながらバリアを高め、強い紫外線や乾燥から肌を守り、ほこりや花粉などの外的刺激をブロックする。水に強いウォータープルーフタイプ。

“サンガード 30a ブライトニング UV”[SPF30・PA+++]【医薬部外品】は、美白有効成分配合。日常の紫外線や乾燥から肌を守りながらトーンアップをかなえ、明るい印象に仕上げる。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。