ビューティ

【2023クリスマスコフレ】「エムアイエムシー」のコフレは新素材を採用 カラーパレット&BBバームをセットに

ミネラルコスメブランド「エムアイエムシー(MIMC)」は10月30日、“2023ホリデーコレクション”(1万1000円)を発売する。セット内容はカラーパレットとBBバームで、プラスチックの代替として国内初のコンパクト容器を取り入れたほか、海洋ゴミだったペットボトルを回収し作った「再生PET繊維」を採用したマルチポーチ2種を付属している。

コフレの内容はポーチを含め全4品で、マルチカラーの“シームレスカラーズ 01”はアイシャドウやフェイスカラーに使えるグローピンク、リップやチークとして使えるディープレッドの2色をそろえた。ケースは古紙を主原料とした紙パウダーバイオプラスチックで、成形が難しいコンパクト容器に国内で初めて採用した。ブランドはこの取り組みについて「新しい技術のため品質や耐久性など課題は多いが、新しい技術の可能性を信じている」と述べている。

“メラノエスケープBB ヌーディーベージュ【医薬部外品】”は美白有効成分のビタミンC誘導体や天然由来のスキンケア成分を配合した配合したBBバームで、極薄の膜がなめらかな肌の質感を演出する。顔全体に使えば化粧下地やライトファンデーションとして、毛穴が気になる頬や小鼻などに使えばプライマーになる。

世界で毎年約880万トンのプラスチックが海や水路に投棄されている海洋汚染の問題と向き合い取り入れた「再生PET繊維」のポーチは約16cm×16cmのハンディサイズとA4サイズの2種類。ブラックカラーのシンプルなデザインになっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。