ビューティ

「キス」リニューアルの注目は“超極細リップ” Z世代社員とのタッグで刷新

伊勢半のコスメブランド「キス(KISS)」はこのほど、5年ぶりのブランドリニューアルを記念して発表会を開催した。ブランドの新コンセプトは「私は、私に、kissをする」で、“ご自愛”をテーマに誰に向けてでもなく自分自身のためにメイクを楽しむ価値観を表現した。ロゴもシンプルで洗練されたデザインに刷新する。新商品は9月22日、10月23日と発売日を2回に分け、全7アイテムをそろえる。

入社2〜3年目のZ世代社員とタッグ!

リニューアルするにあたり通常の商品開発チームと、入社2〜3年目のZ世代の社員を含む部門横断チームを編成した。商品開発だけでなく、店頭の販促やコミュニケーションに至るまで、Z世代の自分らしさを大切にする考えやトレンドを瞬時に察知する感性を取り入れている。

第1弾:9月22日に発売

極細リップスティック“リップ アロー”

9月22日発売の第1弾は、ブランドの中でも一番の細さを誇る注目の極細リップスティック“リップ アロー”(全6色、各1980円)が登場する。名前の通り「矢」のように、口角や唇の山などの狙ったところにピンポイントで塗布できる細さが特徴だ。マットな粉体と高輝度のオイルの相反する質感をバランスよく配合したレアグロウ処方で、素の唇と一体化したようなもっちり感と、自然な艶のある上品な仕上がりがかなう。カラーは全6色で、まろやかなベージュ、ブリック、ピンクベージュ、赤みブラウン、上品なレッド、白みを少量足したアーバンレッド。パッケージはスタイリッシュなマットゴールドで、塗る時の仕草まで美しく見せる。

この細さだと折れやすそうと思う人が多いだろうが、開発に携わった齋藤氏は「繰り出しすぎず、普通にリップを塗る程度の力であれば折れない。極細のフォルムと艶のある仕上がりをかなえる生っぽい質感のリップ、開発にとても苦戦しましたがどちらも譲れなかったので、生産のチームと何度も社内調整して開発した一品なんです」と回答した。

アイシャドウパレット“カクテルデイズ”

「毎日気ままに楽しめる」をテーマに据えた“カクテルデイズ”(全4種、各2090円)はグリッター1色とアイカラー4色をセットしたアイパレットで、アイシャドウを混ぜやすい仕切りのないパレットを採用。好きな色と質感を混ぜて自分だけのオリジナルカラーを作ることができる。、カラーは目元に柔らかな陰影を与えるブラウンベージュ系、暖かなオレンジ系、にじみ出るような血色感を演出するピンク系、透明感をプラスするラベンダー系の4種。パレット上部のグリッターは多彩な光の粒が複雑にきらめき、ほかのカラーよりもオイルが2倍配合されているため、粉飛びしないしっとりとしたテクスチャーになっている。

単色チーク“クリアルディ ブラッシュ”

単色チーク“クリアルディ ブラッシュ”(全5色、各1650円)の最大の特徴は、新感覚の“ぷにシャリ”触感。肌にピタッと密着するような質感と、サラッとした心地良さを兼ね備えたクレイタッチ処方を採用した。ブラシで塗ると艶やかで自然な頬に、指で塗るとより発色がアップして血色感のある頬に仕上がる。

アイライナー “ニューアピールライナー”

“ニューアピールライナー”(各1320円)は、目元にほどよい抜け感を与えるリキッドアイライナーで、スモーキーなラベンダー、赤みも感じるこっくりとしたパープル、透明感をプラスしつつ自然に引き締めるベージュ、奥行きを感じるグレーの4色をそろえる。

アイブロウアイテム2種も登場

アイブロウアイテムは2種用意した。濃い眉をふんわりと柔らかな眉に仕上げる新商品のアイブロウマスカラ“うす眉メーカー”(1100円)と、ペンシルとパウダーが一つになったダブルエンドの“WアイブロウN”(全3色、各1430円)が、より滑らかな描き心地にパワーアップして登場する。

第2弾:10月23日に数量限定発売

“ムーンスポットライナー”

10月23日発売の第2弾では、期間限定でペンシルタイプのハイライター“ムーンスポットライナー”(各1210円)を販売する。ブランド独自の楕円型の細芯を採用し、涙袋や目頭、唇の山などの明るく見せたいパーツに、ピンポイントに光を集めることができる。ハイライト効果に加え肌補正ができる色味のレモンベージュ、ローズ、ラベンダーの3色をそろえた。

ヘア&メイクアップアーティスト KUBOKI氏によるメイクデモ

発表会ではKUBOKIヘア&メイクアップアーティストが登壇してメイクデモンストレーションを行い、秋らしい深みのある大人メイクを披露した。使用した主なアイテムとカラーは、アイシャドウに“カクテルデイズ 01 マリアージュブラウン”、アイライナーに“ニューアピールライナー 03 ハニーベージュ”、チークに“クリアルディ ブラッシュ 05 スモークダージリン”、リップに“リップ アロー 04 リスクテイカー”、ハイライターに“ムーンスポットライナー 01 ライトムーン”。メイクルックが完成すると、一気に華やかさが増し、上品でセンシュアルな雰囲気に。

メイクデモの中でも注目は、ハイライター“ムーンスポットライナー”を使ったテクニック。ハイライターは高く見せたいところや艶を足したいところに塗布することが多いが、KUBOKI氏が塗ったのは口角。「くすみやすい口角にこの“ライトムーン”を塗ると、くすみが一掃できるんです。黄みのあるベージュホワイトのようなカラーで、色補正しつつ口角がキュッと上がった上機嫌な口元になるので、マスクが不要になった今ぜひ試してもらいたいテクニックです」と解説した。

一部生産が終了するアイテムも

また、リニューアルに伴い一部アイテムを生産終了する。各販売店では9月15日から順次販売終了、公式オンラインストアでは12月20日17時まで販売を予定している。定番商品の“スライドルージュ”や“レイヤードアイズ”、“パウダーチークス”など全16アイテムが対象だ。

> 生産終了するアイテム一覧はこちら

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。