ビューティ

メンズ部門は「エヌドットオム」が4連覇! 「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」結果発表

 年1回の恒例企画、「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果を発表する。今回は全12部門のアワードを設定し、都内の人気ヘアサロン50軒の美容師152人に、各カテゴリーで「2021年下半期~22年上半期に実際に使ってみて良かった製品」についてアンケート調査を実施した。

 メンズ部門では、「エヌドットオム(N.HOMME)」が4連覇を達成。今回は新製品の“スタイリングワックス〈ハード〉”が1位だが、毎年1位のアイテムは入れ替わっており、ブランドとして支持されていることが分かる。アイテムによって絶妙にウエット感や束感、セット力が異なり、その年のトレンドにマッチしたタイプが選ばれている。2位は「ザ・グルーミング(THE GROOMING)」の“UV プロテクター”が受賞。スキンケアアイテムがランクインすることは非常に珍しく、メンズでもスキンケア提案がサービスとして定着しつつあるようだ。3位は「エヌドットオム」の“ジェルバーム”。ジェルとワックスの“いいとこ取り”をした製品で、適度な束感や艶感に対する評価が高い。(全てサロン専売品で、価格は編集部調べ)

 なお今回の集計方法は、ヘアサロンで扱うプロ用製品を12部門に分類し、50軒の美容師152人に各カテゴリーのベストだと思う商品を選んでもらった。選んでもらった各商品を、効果実感、香り、コストパフォーマンス、パッケージデザイン、使用感、トレンド、店販人気、おすすめのしやすさ、といった項目に分けて、各10点満点で評価してもらい、そのポイントの合計数で各部門の順位を導き出した(製品以外に“サロンモデル部門”も有り)。

メンズ部門

1位 “スタイリングワックス〈ハード〉”

「エヌドットオム」

 髪をラフに散らしたり、束感を際立たせたり、時間がない朝も抜群の操作性で程よく抜け感のあるスタイルを作ることができる。潤い感にこだわった処方を採用することで、ワックス特有のパサついたドライな質感を適度に抑え、今っぽいきれいな仕上がりに導く。アンケートの回答には、「オイルとの組み合わせ使いを提案すると、お客さまの反応がいい」「最近は男性でも潤い感を求める方が多く、潤いとセット力を両立できるアイテムとして最適」といった声があった。(100g、税込1980円)

2位 “UV プロテクター”

「ザ・グルーミング」

 紫外線ダメージによる見た目印象への影響に着目したUVスプレー。ウッディ・ハーバルの香りと潤い感が心地よい、男性のためのマルチ日中ケア。肌・髪・全身に使用できる。アンケートの回答には、「SPF値が高い(SPF50+・PA++++)のに、白浮きしないのはうれしい」といった声があった。(60g、税込2090円)

3位 “ジェルバーム”

「エヌドットオム」

 ジェルをベースにワックスを加えた柔らかな質感で、しっかりとホールドする。ウエットもしくはセミウエットの状態でつけ、スタイリングするのがおすすめ。アンケートの回答には、「艶感が持続するので自信を持って提案できる」といった声があった。(100g、税込1980円)


10月18日に「WWDBEAUTY」が
オンラインで
美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2022-23FW」
を開催(視聴無料)

 10月18日(火)20時より、「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果分析コーナーもある、美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2022-23FW」のライブ配信を行うので要チェック!

最新号紹介