ビューティ

「ゴウトゥデイシェアサロン」のトップの1人、大池基生が逮捕

 報道によると1月20 日、フリーランス美容師向けのシェアサロン「ゴウトゥデイシェアサロン(GO TODAY SHAiRE SALON)」で現場を管理する大池基生取締役兼代表美容師が、わいせつな行為をしたとして逮捕された。昨年11月の深夜、東京・杉並区の路上で、帰宅途中の20代女性の胸を触った疑い。調べに対し、大池容疑者は容疑を否認しているという。

 この件に関して、「ゴウトゥデイシェアサロン」は「現在捜査機関にて、事実関係を調査中です。関係する方々に多大なるご心配をおかけしており、深くお詫び申し上げます。当社は事態を大変重く受け止めており、今後、捜査機関に全面的に協力してまいります」とコメントしている。

 “シェアサロン”とは、フリーランスの美容師が、施術スペースを借りてサロンワークを行う美容室のこと。「ゴウトゥデイシェアサロン」は2017年11月に東京・原宿に1号店をオープンし、同業態をけん引。大池容疑者は、同サロンの経営を担当する大庭邦彦代表とともに運営の舵取りを担っていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら