紙面紹介

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

 11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への取り組み、それに挑戦する編集者の進化、そして、時代や取り組みは変化しても変わらない編集者の資質・魅力などを教えてくれました。

 さらに「リシェス(Richesse)」の十河ひろ美編集長、「ブルータス(BRUTUS)」の西田善太編集長、そして「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」の田中杏子編集長の大ベテランには、DXやSNSの活用、インフルエンサーとの差別化などの現実に向き合う後輩編集者にエールを送ってもらいつつ、今でも決して色褪せない編集者としての心構えを聞きました。「人たらしであれ!」「好奇心を人任せにしない!」「本気であそんで本気で働く!」の名言は、メディア業界のみならず、激変するファッション&ビューティ業界で働く皆さんにとってもヒントになることでしょう。後半は、集英社「シュプール(SPUR)」、小学館「プレシャス(Precious)」、講談社「フォルツァスタイル(FORZA STYLE)」、光文社「クラッシィ(CLASSY.)」、マガジンハウス「ポパイ(POPEYE)」のウェブ、主婦と生活社の「レオン(LEON)」、ハースト婦人画報社の「エル(ELLE)」と「ウィメンズヘルス(Women’s Health)」編集長らのインタビューをお届けします。

 連載では、美容ジャーナリストの齋藤薫が「アフターコロナは、すっかり元通りでいいの?」と提言。ミステリーショッパーは、開業10周年のテラスモール湘南を調査しました。ファッションパトロールでは、舞浜にある「シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ」が提案するドキドキの“渡韓”ごっこを体験しました。

CONTENTS

FEATURE

  • 編集者の想いでメディアのブランドビジネスは進化する!

SERIES

  • ミステリーショッパーが行く!:テラスモール湘南
  • 美容ジャーナリスト齋藤薫のビューティ業界へのオピニオン:Vol.14 見えてきたアフターコロナ あえて言いたい すっかり元通りで本当にいいのか?と
  • Beauty Insight ビューティ賢者が持論展開:Vol.55 ウィズコロナは行動し審美眼を養い感受性を豊かに(曽田啓子/ビューティービジネスプロデューサー)
  • ZOZO610(武藤貴宣)の喜び溢れるファッション人生:Vol.4 一言でいうと前澤さんは天才でした

EDITOR’S LETTER

  • 「らしい」の源泉は「解像度」(村上要/編集長)

EDITORIAL NOTE

  • 編集後記 今週の特集お届け隊:メディアと編集者の進化を考える(村上要/編集長、小田島千春/副編集長)

FASHION&BEAUTY PATROL

  • 日本で“渡韓”ごっこ 舞浜のシェラトンで“シムクン”(ドキドキ)体験

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら