紙面紹介

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

 「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコンやスマートフォンの画面が発するブルーライトから目を守る眼鏡が売れています。アパレルと比較するとファッションの脇役だったかもしれませんが、眼鏡の存在感は増しています。イタリアを中心とする大手眼鏡メーカーの変わるライセンスビジネス、日本の眼鏡の90%以上を生産する福井県の企業の奮闘、大手眼鏡チェーンの店舗改革やSDGs活動の広がりなど、国内外の眼鏡業界の重要な動きを総括しました。

 ニュース面では、せーのが手掛ける「エフアールツー(#FR2)」がスタートした移動型販売店舗「エフアールツードコ?(#FR2DOKO?)」を追いました。デジタル時代にあえて“その場でしか買えない”をコンセプトにEC販売をせず、観光地を中心に専用車で売り歩くというユニークなビジネスモデルです。今回密着取材した静岡の出店では、地方のファンの多さに驚かされました。仕掛け人の石川涼せーの社長にインタビューしています。

 2021-22年秋冬パリ・ファッション・ウィークで「ヨウジヤマモト」のコレクションへアを人気メンズサロン「オーシャントーキョー」の高木琢也代表が手掛けて話題となりました。カリスマ美容師とファッション業界の巨匠のコラボレーションはどのように実現したのでしょう?高木代表に語っていただきました。

 ビューティ業界の情報を発信する「ビューティ・インサイト」では、化粧品関連のコンサルティングを行うユジェットの弓気田みずほ代表・美容コーディネーターが、コーセー ミルボン コスメティクスの「インプレア(IMPREA)」の“印象プロデュース”と、ヘアサロンが取り組むウィズコロナ時代の新人教育に注目しました。ファッション・ビューティ業界が必要な次代のビジネスヒントが伺えます。

COVER CREDIT
PHOTO:SHINMEI/EYEWEAR:DIOR(6万6000円)

CONTENTS

FEATURE

  • 「ディオール」が変える業界勢力図、広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

EDITOR’S VIEW

  • 「すべての人のためのファッション」を実現できる時代(副編集長 五十君花実)

FOCUS

  • コロナ禍を打破する、石川涼の全国巡業計画 「#FR2DOKO?」は何がすごいか?
  • 「ヨウジヤマモト」のコレクションヘアをカリスマ美容師の高木琢也が手掛ける 「天才!むかつく!」と山本耀司が称賛

SERIES

  • 齊藤孝浩の「ファッション業界のミカタ」:Vol.24 ついにOMO完了のインディテックス
  • ミステリーショッパーが行く!:日本橋高島屋S.C.
  • Beauty Insight ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望:Vol.27 ヘアサロンの「提案力」を引き上げるリモートコミュニケーション+PB戦略
  • 新世代IGインフルエンサー名鑑:Vol.11 金山大成(@kanayamataisei)
  • 菅付雅信「不易と流行のあいだ」:Vol.43 懐かしくも新鮮な日本製アメリカ(前編)

FASHION PATROL

  • 名古屋出身の超セレブを描いた痛快コメディー 「最高のオバハン 中島ハルコ」 毒舌ハルコのジュエリーに釘付け

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら