紙面紹介

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

 「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテゴリーに限っては国内の富裕層の消費に支えられ、堅調という声が目立った点がポイントです。毎月1回、紙面で深掘りしているサステナビリティのコーナーでは、パタゴニアやナイキ、ファーストリテイリングなどのサステナビリティ先進企業が、いかにして自社の環境負荷を知るというステップに踏み出したかを詳報しています。ニュース面では、買収が白紙となり、泥沼の訴訟合戦に発展しているLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンとティファニー問題の経緯などを追っています。

COVER CREDIT
PHOTO: HIROKI WATANABE

CONTENTS

FEATURE

  • 総合力で「ディオール」強し!

EDITOR’S VIEW

  • ポストコロナ時代のアパレル社長の肖像

FOCUS

  • 2025年までに全社でテナント区画を7割に拡大 そごう・西武 背水の「定借化」
  • 大手ビューティ企業6月期決算 コロナ禍でもスキンケアとECが健闘
  • 業界史上最大の“婚約“の行方は? LVMHとティファニー、訴訟合戦へ

SERIES

  • Beauty Insight:Vol.3 アパレル企業のコスメ市場への参入 その背景にある“消費額の変化”
  • ミステリーショッパーが行く!:イケア原宿
  • アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.61 僕の原点
  • リシュモン ジャパン三木社長の熱血ファッション塾:11時限目 今だからこそ、モノを生み出す活動を止めてはいけない
  • 菅付雅信「不易と流行のあいだ」:Vol.17 ノンバイナリーなカナリアたち(後編)

FASHION PATROL

  • 横にいられると思い出すあの香り ドルガバだけじゃない俺たちの“香水”

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら