ファッション

広がりを見せるBLM運動で私たちができることは何か? 公民権運動史研究の藤永教授に聞く

有料会員限定記事

 今、世界各地へと広がりを見せるBLM(Black Lives Matter=黒人の命は大切)運動はすでに始まっていたものであり、今後も続いていくべきものである。長年、公民権運動史研究で多くの業績を残している藤永康政教授にBLM運動の背景や特筆すべき点、そして私たちがこの運動にどう向き合うべきかを聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年6月15日号からの抜粋に加筆したものです)

WWD:今回のBLM運動の背景は?

藤永教授:まずBLMについて説明します。2012年2月、フロリダ州で、当時17歳の高校生、トレイヴォン・マーティン君が自警団員から射殺されるという事件が起きました。自警団員は第2級殺人で起訴されるのですが、陪審員が無罪の評決を下しました。このとき、カリフォルニア州に住むアリシア・ガーザという黒人女性が、black lives matterと記した投稿をfacebookで行います。この投稿に、二人の黒人がまず反応し、最初の組織がネット上に生まれました。その後、同様の問題を扱う投稿には#blacklivesmatterというハッシュタグが付され、それが秘かに広まっていきました。

このタグを一気に有名にしたのが、2014年夏にミズーリ州で起きたマイケル・ブラウン君殺害に抗議する激しく長い運動です。この直後より、BLMを名乗る団体が全米各地で誕生し、青年たちはその後も相互に連絡を取り、黒人が直面している諸問題を学ぶワークショップを開催していきました。

この続きを読むには…
残り2018⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら