ビューティ

「AAA」宇野実彩子をモデルにpaku☆chan初のメイク本が登場

 人気の理論派ヘア&メイクアップアーティストのパクチャン(paku☆chan)初となるメイク本「すべての『キレイ』に理由がある #かわいい超え 大人メイク教本」が講談社から出版された。トレンドを追いつつも必ず上品に仕上がるテクニックを余すところなく公開している。

 モデルを務めるのは、男女混合パフォーマンスグループ「トリプル・エー(AAA)」の宇野実彩子で、プロセスカットに至るまで全て彼女がモデルという豪華な共演となっている。

 パクチャンは、宇野のアーティスト写真やジャケット写真といったビジュアル撮影だけでなく、ツアーのメイクアップなども手掛けてきた。そんな2人が二人三脚で作り上げてきた、超基本の“きれい”の作り方が満載の一冊となっている。“かわいい”よりも“きれい”が美の基準として定着しつつある令和の時代のベーシックメイクを身につけたい人にはもちろん、宇野の“きれい”に憧れる女の子にもおすすめだ。

 同書に対し宇野は、「今日から真似できるメイクプロセスがたくさん載っている。少しの変化で自分の長所が輝いたり、新しい自分が見つかったり、毎日のメイクで女の子をたくさん楽しんでほしい。私もこのメイク本を見ながらいろいろなセルフメイクにトライしようと決めている。みんなで一緒にメイクを頑張れたらうれしい!」とコメント。

 また同書には、初回限定のキュート版と通常版のクール版の2タイプの表紙が用意されたが、そのことについてパクチャンは「ともにお気に入りのメイクパターンで(どちらにしようか)すごく悩んでいたので、両方とも表紙にできたのがとてもうれしい!」と語っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら