ビューティ

オンワードが横浜の「総合研究所」をミス・パリに売却 美容の専門職大学に

 オンワードホールディングス(HD)が横浜市郊外で運営する「オンワード総合研究所」が閉鎖され、跡地にエステティック大手のミス・パリ・グループが設立する美容の専門職大学ができることが分かった。すでにミス・パリ・グループはオンワードHDから土地・建物の取得を進めており、3月に所有権が移る。ミス・パリ・グループは2021年4月の開校を目指している。

 オンワードHDは「(ミス・パリ側と)契約はしているが、それ以上はコメントできない」としている。同社はこのところ財務体質の向上のために不動産の売却を相次いで行っており、今回もその一環と見られる。現時点では売却額なども明らかにしていない。

 オンワード総合研究所は1991年、オンワード樫山(当時)の商品開発や人材育成のための施設として横浜市都筑区に開設された。閑静な住宅街の中の約1万3600平方メートルの広い敷地には、400人が入るホールや大小の会議室、77室の宿泊施設、大型のレストラン・バー、フィットネスクラブやプールなどを完備。オンワードの技術開発センターとしての機能のほか、さまざまな企業の研修に利用されてきた。またドラマや映画のロケにもよく使われている。

 跡地にはミス・パリ・グループの学校法人ミスパリ学園が設立する「ビューティアンドウェルネス専門職大学(仮称)」がキャンパスを構える。すでにウェブサイトで学校紹介を行っており、3月には説明会を開く予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら