紙面紹介

2020-21年秋冬メンズ特集第2弾 「男のクセに」の既成概念はメンズのワンピースで超越せよ

 「WWDジャパン」2月10日号は2020-21年秋冬メンズ・コレクションの2弾です。シーズン全体の傾向や背景を分析・総括した第1弾に続き、今回はスタイルの大きな潮流を紹介します。リラックスフォーマルの20年春夏よりもドレスアップの意識はぐっと高まり、フォーマルのシルエットはスリムに変化。さらにジェンダーにまつわる既成概念をあっさりと超えるピュアな少年のようなファッションなど、それぞれのデザイナーが考えるタイムレスなスタイルを解剖します。また、海外でのショーを成功させた日本人デザイナーたちの奮闘も振り返ります。そして巻末のファッション・パトロールではメンズ・コレクションのこぼれネタや、甘いものとパンクロックが大好きなデザイナーによるパリのベストスイーツ7選を紹介します。

 ニュース面では、中国・武漢から発生した新型コロナウイルスの感染拡大が日本のファッション業界に与える影響をまとめました。さらに渋谷・宮下公園に6月開業予定の「ミヤシタパーク」に出店する「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「グッチ(GUCCI)」などのラグジュアリーブランドの一部を掲載するほか、静岡の「御殿場プレミアム・アウトレット」が増床リニューアルで目指す1000億円の大台突破への道すじなどを分析します。最新ニュースの考察と人気の連載も充実させ、量と質共に分厚く情報をそろえました。

<訂正>2月10日号P.22の伊藤忠商事の記事中で、「か・け・ふ」を「稼ぐ・防ぐ・増やす」とありますが、「稼ぐ・削る・防ぐ」の誤りです。

CONTENTS

IN FOCUS

  • 2020-21年秋冬メンズ・コレクション特集Vol.2

EDITOR’S VIEW

  • ラグジュアリーとローカルの新展開

NEWS

  • 新型肺炎 サプライチェーンに打撃
  • 渋谷・宮下公園に「ルイ・ヴィトン」「グッチ」など出店
  • 御殿場アウトレット 売上高1000億円に王手
  • 2020年のZOZOイヤーに盛り返せるか
  • バロックが“オトナ化”で新販路開拓に本腰

SERIES

  • 齊藤孝浩の「ファッション業界のミカタ」:「無印」の今後の課題と本来の強み
  • ミステリーショッパーが行く!:ギンザ・タイムレス・エイト
  • アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.47 コービーとコロナの衝撃
  • ファッション業界人物列伝:タキヒヨー名誉顧問/滝学園理事長 滝 富夫 第11話

FASHION PATROL

  • 「キディル」デザイナーのパンクなスイーツ紹介

WEEKLY SCHEDULE

  • 2020年2月10日~2月16日

最新号紹介