1. 2018-19年秋冬メイクアップはマットとカラーがトレンド

WWD BEAUTY Vol. 512

2018-19年秋冬メイクアップはマットとカラーがトレンド

WWDビューティ 紙面紹介

2018/8/15 (WED) 06:00

 「WWDビューティ」8月16日号では、2018-19年秋冬のカラー、ベースメイクを特集します。表紙と中面には日本でも人気の韓国ガールズグループBLACKPINKが登場。撮り下ろした彼女たちのメイクに注目です。全体のトレンドとしては一時の艶肌ブームが終息し、よりリアルな肌作りへとシフトしているベースメイクは艶っぽすぎず、マットすぎず、潤いに満ちた“究極の素肌感”を実現するセミマットのファンデーションが豊作。また手軽さや使い勝手の良さが特徴のクッションファンデの人気は継続中です。

 口元は、インクのような鮮やかな発色と付け心地の良さを実現したマットリップ、少し艶を残したセミマットなリップに注目。一見すると春夏のカラーと見間違えるほどカラフルなアイメイクや、秋冬の定番ともいえるダークカラー、目元・口元・指先と全方位的に取り入れられるパープルを、ランウェイのバックステージトレンドと共に紹介します。

 ニュース面では、ナチュラルなボリュームがありながら、しっかりカールすることで印象的な目元に仕上げてくれる注目のマスカラ、エスティ・ローダー(Estee Lauder)の孫娘、エアリン・ローダー(Aerin Lauder)が手掛ける香水「エアリン(AERIN)」、グローバルアンバサダーに女子フィギュアスケーターのアリーナ・ザギトワ(Alina Zagitova)選手を起用した「SHISEIDO」を取り上げます。

 いずれも中国を主としたアジアの需要拡大に乗り、利益増となった国内大手3社の2018年1~6月期決算を解説するほか、コスメブランド「ジルスチュアート(JILLSTUART)」から派生したライフスタイル提案ブランド「フローラノーティス ジルスチュアート(Flora Notis JILLSTUART)」、東京・原宿にコンセプトショップ「ポール&ジョーキャットストリート」をオープンさせた「ポール&ジョー ボーテ(PAUL & JOE BEAUTE)」の取材リポートもお伝えします。

 ちふれホールディングスのグループ会社である光未来が9月1日に発売する藤原紀香をミューズに迎えた新ブランド「ヒカリミライ(HIKARIMIRAI)」、10月23日にエイジングケアの「オルビスユー(ORBIS U)」シリーズをリニューアルするオルビス(ORBIS)、8月8日にリニューアルオープンし、「ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERME PARIS)」とコラボしたカフェを併設するロクシタン渋谷店にも注目です。

contents

IN FOCUS

  • 2018-19年秋冬 メイクアップ新色特集

NEWS

  • 軽いフォーミュラのカールマスカラが続々 自然なボリュームのまつげが今季流
  • エスティ・ローダーの孫娘の香水 「エアリン」日本初上陸
  • 「SHISEIDO」がメイクアップを全面刷新アンバサダーにザギトワ選手起用
  • 国内大手3社決算 中国を主にアジア需要がさらに拡大
  • 「ジルスチュアート」が新ライフスタイルブランドをスタート
  • 「ポール & ジョー ボーテ」初のコンセプトショップ開設
  • ちふれグループから高価格帯ブランド「ヒカリミライ」デビュー
  • オルビスがエイジングケアシリーズ「オルビスユー」を刷新
  • ロクシタン渋谷店がリニューアル 「ピエール・エルメ」とのコラボも

TOPICS FASHION

  • ラグジュアリー・ブランド上半期決算 相次ぐ大幅増収増益

SERIES

  • エステティック連載 VOL. 12 ゴッドハンドの掟 高橋梓/「ラピデム トウキョウ」スパマネージャー兼インストラクター兼管理栄養士
  • 我が社の敏腕営業マン 第12回 カラーズ編
  • 海外ビューティ通信 VOL. 191 サンパウロ編

HIT RANKING

  • 丸井今井札幌本店「ベースメイク」TOP5
  • トモズ コレド日本橋店「アイライナー」TOP5

編集部が選ぶ新製品情報

BEAUTY PATROL

WEEKLY SCHEDULE 8/16~8/22

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true