1. 20周年の「ドレステリア」がアーカイブを復刻したコレクション

20周年の「ドレステリア」がアーカイブを復刻したコレクション

アニバーサリー 復刻 新作

2018/5/25 (FRI) 08:30

 ワールドの子会社インターキューブの「ドレステリア(DRESSTERIOR)」は2018-19年秋冬で、ブランド誕生20周年を記念したコレクションを発売する。20年間でブランドの定番やヒットアイテムになった20型を、今の雰囲気やシルエットにして再解釈。ロングセラーの裏毛パーカは、裏面に起毛させたカシミヤを使った特別版(4万8000円)を用意。その他、ウィメンズでは05年にイタリアの機能素材オルメテックスの生地を使ったステンカラーコート(8万9000円)や10年に販売したシルクウールのドレス(5万9000円)、メンズはアーカイブのピンタック入りのシャツを復刻したリネンシャツ(1万6000円)、メルトンのシングルコート(5万8000円)などをそろえている。

 アニバーサリーシーズンに店頭に並ぶウィメンズ商品は、「オマージュ」をテーマに、ココ・シャネル(Coco Chanel)やラルフ・ローレン(Ralph Lauren)、イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)、「エルメス(HERMES)」を手掛けていた時のマルタン・マルジェラ(Martin Margiela)、「マックスマーラ(MAX MARA)」のキャメルコートをデザインしたアンヌ・マリー・ベレッタ(Anne-Marie Beretta)ら著名デザイナーが作った普遍的なスタイルを「ドレステリア」流にアレンジした。シャネルが提案したツイードジャケット、ラルフの紺ブレザーやラガーシャツ、マルタンのラップスカート、アンヌのキャメルコートなど。それぞれ白、黒、ネイビー、グレー、ベージュのベーシックカラーを取り入れた。また、バイイングではバッグブランド「ワッコワッコ(WACCOWACCO)」による「ラルフローレン」のデッドストック生地を使用した別注のビッグトートを並べる。

 メンズでは、機能性素材を用いてスポーツテイストを加えたミニマルなジャケットスタイルを打ち出す。ロゴアイテムを取り入れて1980~90代にロンドンで活躍した、スタイリストのレイ・ペトリ(Ray Petri)が得意としたテーラードとスポーティーアイテムを掛け合わせたコーディネートをモダンに提案する。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
false false true true true false true true