ギンザ シックスが開業1周年で総来場者数2000万人、年間売上高約600億円達成へ

企業動向商業施設

2018/4/3 (TUE) 06:30

 4月20日に1周年を迎えるギンザ シックス(GINZA SIX)が、1年間の総来場者数2000万人、年間売上高が約600億円に達する見込みだと発表した。1年前の予想値を達成する見通しで、顧客年齢層は20~60代、男女比もほぼ同数だという。売り上げをけん引したのは都内をはじめとする富裕層で、海外を含め広域からのリピート客が増加傾向にあるという。今後は香港や台湾など、海外のラグジュアリーモールと相互送客施策を開始する予定だ。

 ギンザ シックス開業以来、この1年間で他商業施設も含めて銀座の街へ訪れる人が増えているという声も聞こえるが、東京メトロ銀座駅では定期以外での乗車人数が1日あたり約7400人増加したという。2017年12月には銀座駅からギンザ シックス地下2階につながる通路が開通したこともあり、さらに利便性が増しそうだ。

 また、3日には開業以来吹き抜けに展示されてきた草間彌生の「南瓜」に代わる新たな作品がお披露目。作品を手掛けたのはフランス人アーティストのダニエル・ビュレン(Daniel Buren)で、10月31日まで展示される。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 元「スライ」カリスマ店員が新ブランド立ち上げ

    新ブランド・新ライン
  2. PICKUP

    ドンキHDが渋谷・道玄坂に複合ビル開発 2022年春開業

    企業動向商業施設
  3. PICKUP

    ラオックス銀座本店が閉店 跡地は「リモワ」か

    企業動向閉店・閉鎖
  4. 「シュプリーム」が日刊紙「ニューヨーク・ポスト」をジャック

    雑誌・書籍・媒体コマーシャル企業タッグ新作
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true