1. 「ロジェ ヴィヴィエ」の新ディレクター決定 フリゾーニの後任は誰の手に?

「ロジェ ヴィヴィエ」の新ディレクター決定 フリゾーニの後任は誰の手に?

デザイナー交代 人事

2018/3/6 (TUE) 05:00

 「ロジェ ヴィヴィエ(ROGER VIVIER)」は、2018-19年秋冬シーズンで退任するクリエイティブ・ディレクター、ブルーノ・フリゾーニ(Bruno Frisoni)の後任に、ゲラルド・フェローニ(Gherardo Felloni)を指名した。フェローニは、9月にコレクションを初披露する。フリゾーニは16年間ディレクターを務め、2月2日に退任を発表していた。

 フェローニはイタリアの大手靴製造メーカーの家に生まれ、プラダ グループ(PRADA GROUP)でキャリアをスタート。「ヘルムート ラング(HELMUT LANG)」「フェンディ(FENDI)」「ミュウミュウ(MIU MIU)」などのシューズをデザインしてきた。

 10年前にパリに移った後は、「ディオール(DIOR)」のウィメンズシューズ企画のトップとして、クリエイティブ・ディレクターのジョン・ガリアーノ(John Galliano)、ラフ・シモンズ(Raf Simons)の下で勤務。14年に「ミュウミュウ」に戻り、シューズ、レザーグッズ、ジュエリー部門のデザイン・ディレクターを務めた。今回が自身の名前が出る初めての仕事となる。

 フェローニは自身のミッションを、「ブランドの歴史をリスペクトしながら、創業者のヴィヴィエも重視していたコンテンポラリーでモダンな要素を加えて、さらに発展させること」と説明している。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 2415人から選ばれた“顔面最強”女子 「ヴォーチェ」1月号で専属モデルデビュー

    アニバーサリー雑誌・書籍・媒体アワードイベント
  2. PICKUP

    東京スタイルが休眠会社に TSIがグループ再編を発表

    企業動向ブランド休止
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true