「ポール&ジョー」がデザイナーにシャルル・アナスタスを起用 創業デザイナーが語る今後の展望

コラム企業動向

2018/1/3 (WED) 01:00
PROFILE:フランス、パリ生まれ。パリ大学で経済経営学、IMFでファッションを学び、アズディン・アライアの下で経験を積む。その後、両親が経営するシャツメーカー「ル・ガラージュ」でデザイナーを務める。1995年、2人の息子の名前を冠した「ポール&ジョー」を立ち上げメンズウエアを発表。翌年にウィメンズを披露。2002年に化粧品ブランド「ポール&ジョー ボーテ」を始動。ジプシーとヌネットと名付けた猫2匹と暮らしている PHOTO BY SHUNICHI ODA

 今年21周年を迎えたフランス発のファッションブランド「ポール&ジョー(PAUL & JOE)」のクリエイティブ・ディレクター、ソフィー・メシャリー(Sophie Mechaly)が約2年ぶりに来日した。

 「ポール&ジョー」は現在リブランディングを図っており、2018年春夏からは、デザインチームにシャルル・アナスタス(Charles Anastase)を迎えている。アナスタスは自身のブランド「シャルル アナスタス」を17-18年秋冬で休止し、創業者のメシャリーとともに「ポール&ジョー」に専念。現在、メシャリーとともにメンズとウィメンズのデザインを担当している。メシャリーはアナスタスの起用理由を「共通の友人を通して出会い意気投合した。ブランドを進化させていく上で、彼と働くことが新しい刺激になり、これまでと違う切り口を提案してくれると思った」と説明する。

 2人が手掛けたファースト・コレクションは2月、パリのショーで男女混合で初披露された。男女の愛の逃避行を描いた映画「Natural Born Killers」「Wild At Heart」「3 Women」などから着想し、ウィメンズでは純粋なイメージの真っ白な丸襟を付けたドレス、メンズはワイルドな遊び心の感じられるグラフィックプリントや色使いがポイントだ。「丸襟は、シャルルも私もよく用いるデザインだけど、ボックスシルエットやクロップドトップスなどはよりシャルルらしい。また、彼はボタンやパイピング、裏地まで細かく意識が働くところが素晴らしい。シャルルが新しい『ポール&ジョー』を見つけてくれた」とメシャリー。

 「ポール&ジョー」は昨年、日本のビジネスでも大きな転換期を迎えた。ルックとのライセンス契約を終了し、16年4月からディプトリクスと「ポール&ジョー」「ポール&ジョー シスター(PAUL & JOE SISTER)」の婦人衣料における独占販売契約を結んだのだ。全国に18あった店舗は3店舗に集約した。「ファッション業界は過渡期にあると感じる。ブランドは進化と変化によってその時代に求められているものを提供していくことが使命で、決断をすることが必要だった。20年以上続け、ブランドの知名度がある中でのオペレーションには『ポール&ジョー』だけでしか買えないという特別感が必要不可欠。エクスクルーシブであることこそが、今後ブランドが生き残っていくために大切だと信じている」とメシャリーは語った。

 「ポール&ジョー」ビジネスで日本の売り上げは約20%を占める。「ブランドのファーストシーズンから買い付けてくれたのは日本で、20年以上ついてきてくれた。日本のマーケットは大切な存在であり続けている」と強調した。11月25日には、メシャリー本人によるパーソナルスタイリングイベントを伊勢丹新宿本店で開催。メシャリーが来店イベントを行うのは今回が初だという。全身「ポール&ジョー」を着た女性や、過去のコレクション画像をコラージュしたノートを持参した“信者”ともいえる顧客が集まり、彼女はファンとの交流を楽しんだ。「心がときめく素晴らしい時間だった。仕事ではモデルに服を着せることが多いが、お店で実際にお客さまに会うことでたくさんの発見があった。例えば、日本の女性は背が低いと思いこんでいたが、背の高い子もいた。好きなシルエットなども知ることができいい勉強になった」とメシャリー。

 コーセー傘下のアルビオンとのライセンス化粧品である「ポール&ジョー ボーテ(PAUL & JOE BEAUTE)」が好調だ。ブランドのアイコンである猫をスティックの先端にデザインした猫型リップは、その見た目のかわいさから多くの女性の心をつかんでいる。「私もお気に入りのアイテムの一つ。アルビオンとは15年間、長期にわたる信頼関係が築けていて、毎シーズン彼らがパリに来たり私が来日したり、と密なアプルーバル(商品確認)のミーティングを重ねている。ある時ミーティングを行っていた際に、『最後に開けてほしいものがある』と、渡されたのが猫リップだった。その驚きから、『キャー!』と叫んでしまい(笑)、私をよろこばせるためのチームからのサプライズだった」と誕生秘話を明かした。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. PICKUP

    エディ色に染まった「セリーヌ」 これは未来か失望か

    コラムコレクション・レポート
  2. PICKUP

    「アンリアレイジ」が4年ぶりに東京でショー 光と影の演出で15年間の試行錯誤を一挙振り返り!

    コラムテクノロジーコレクション・レポート
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true