ナノ・ユニバース記事一覧

10秒で読む

ナノ・ユニバースではウィメンズのディレクターに「バナーバレット」などで実績を持つ二ノ宮和佳子氏の起用を決めた。齋藤社長は「もともとメンズが強いブランドだが、メンズがヨーロピアンモード、ウィメンズがコンサバ。テイストがバラバラなため、店舗でのカップルのお客さまの購買率も低かった。(ディレクター起用を機に)イメージを合わせていきたい」と説明する。TSIの「ナチュラルビューティーベーシック」などで成果を上げたNPS(ブランドのロイヤリティーを図る指標)、eNPS(会社に対する従業員のロイヤリティーを図る指標)も導入する。