TWO FACES記事一覧

10秒で読む

「トゥーフェイシーズ(TWO FACES)」はオンワードホールディングスと動画配信サービスの「C CHANNEL(シーチャンネル)」が立ち上げたEC専門のアパレルブランド。

「東京リアル」をコンセプトに、「C CHANNEL」が抱えるインフルエンサー約500人の女性のリアルな声を反映し、モノ作りに生かす。多くの商品は2~4通りに着こなしが可能で、20~30代の女性がオフィスでも、仕事後の女子会でも着用できるウエアを提案する。表地はシンプルな黒、裏地はレース地で、裏返して着用できるドレスや、背中のファスナーを開くとプリーツが出るワンピースなど、デザインが早変わりするのがポイントだ。ブランド名は、その昼でも夜でも活躍する多面性と、数通りの着こなしができる2ウエイなどを意味する“2つの顔(Two Faces)”に由来する。

商品企画には、両社から20代の若手女性社員を起用。オンワード樫山から企画とMDが2人、「C CHANNEL」からは動画インフルエンサーの社員2人が参加した。

価格帯はコート6900~1万900円、ジャケット5900~7900円、ワンピース5900~7900円、ボトムス4900~6900円、トップス2900~5900円、アクセサリー1900~3900円など。百貨店を主販路にするオンワードの既存ブランドと比べ、販管費がかからない分、低価格に設定している。生産体制はOEM(相手先ブランドの生産)を中心にすることで、オンワードの百貨店ブランドが企画から生産、販売までのリードタイムに約6カ月を要するのに対し、約2カ月での投入ができるようにした。

販路はオンラインのみ。「C CHANNEL」自社ECの「シーチャン ショッピング(CCHAN SHOPPING)」、オンワードHDの「オンワード・クローゼット(ONWARD CROSSET)」、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」で行う。また、商品販売する際には、オリジナルの動画コンテンツも配信する。売り上げ目標は非公開。